MENU

即日融資でも確実に通りたい

すぐに借りたいから即日審査のローンを選んだのに、審査が否決になってしまっては借りられませんよね。即日審査でも確実に通りたいともちろん誰でも考えるものです。より早くかつ確実に借り入れするためには、どうやって申し込みをすればよいのでしょうか。

 

審査に否決になってしまったとしても、その理由は教えてもらえないのですが否決になると言われている理由はいくつかあるのです。借り入れしたい額を返済できないと考えられる収入の場合には、審査に通らないと考えられています。この場合は借入希望額を減らすことで審査が可決になることもあります。しかし、必要な金額に満たない可能性もありますね。

 

勤務してあまり期間が経っていない場合も審査に通りにくいです。新卒者が正社員として働き始めてから、年収などが明確に分かるのはやはり1年経ってからと言われています。賞与なども含めて年収を判断しますので、ローンなどは仕事をスタートしてから1年経ってからのほうが確実でしょう。特に賞与などが設定されていないアルバイトなどでは、仕事をし始めてから半年程度でも審査に通ることもあるようです。とにかく安定した収入という基準を満たすために、勤続年数は重視される部分でしょう。

 

また絶対に審査に通ることがないのが、過去に延滞履歴があるというケースです。借り入れや返済、さらに申し込みの状況などはすべて個人信用情報機関に残されています。そのため、申し込み者が延滞をしたことがあるかどうかというのはすぐにどの金融機関にも分かってしまうのです。延滞履歴はずっと残るというものではなく、5年から7年程度と言われています。この間は新たにローンを申し込んでもまず可決になることはないと思っておきましょう。

 

審査基準は各カードローンそれぞれが設定しているものです。どこかのカードローンが否決になったとしても、他も全て否決になるというわけではありません。ただし、たくさん申し込みをすればお金にとても困っていると考えられてしまい、返済できないとみなされてしまいます。ローンの同時申し込みは多くても3社までにしておくべきなのです。

 

比較検討する際は即日ガイドキャッシングなど参考にすると良いでしょう。

 

カードローンのリボ払いとは?

カードローンの「分割払い」とはあらかじめ最終期限を設定して、その期限内に完済できるように返済金額を決定する返済方式です。
一方、カードローンの「リボ払い(リボルビング払い)」とは、借りている総額に対して、毎月一定金額の返済を行う返済方式です。
返済回数を決めるのではなく、返済金額を決めておくことです。

 

分割払いとリボ払いでは、分割払いがより計画的な返済が求められます。
リボ払いですと、毎月の返済金額がほぼ一定となりますので、毎月の返済計画自体は考えやすいといえるでしょう。
その分、リボ払いはなかなか返済が進まない場合もあります。
返済期間が長期化してしまいますので、利息支払い負担が大きくなることもあります。
リボ払いには、以下の種類があります。

 

○元金定額リボ払い

 

元金均等返済方式のリボ払いです。
毎月の返済金額のうち、「元金部分」を固定して、残高に応じて計算された金利を合わせて支払います。
例えば、毎月返済額5万円という場合には、返済額5万円の「元金」に合わせて、利息を返済することになります。

 

○元利定額リボ払い

 

元利均等返済方式のリボ払いです。
毎月の返済金額の「元金+利息」を固定して返済します。
例えば、毎月返済額5万円という場合にじは、その5万円は「元金」+「利息」の合計額となります。

 

○定率リボ払い

 

借入総額に対して、一定の割合を返済していくリボ払いです。
例えば10%という場合には、借入総額の10%にあたる部分と毎月返済していきます。
返済当初の返済額が一番大きく、徐々に少なくなっていきます。

 

○残高スライドリボ払い

 

借入総額に応じて、毎月の返済金額を段階的に変更するリボ払いです。
例えば、借入金額10万円未満の場合には1万円の返済、10万円以上の場合には2万円の返済、20万円以上の場合には3万円の返済、というように借入総額が大きくなるほど返済金額が大きくなっていきます。
現在のカードローンで一番多く用いられている返済方式です。